アーティストを発掘! 音楽サイトitadaki
ようこそ、ゲスト
第12回itadakiグランプリ
携帯/スマートフォンでも同様のコンテンツが楽しめます!
第12回itadakiグランプリ

第12回itadakiグランプリ

名古屋の音楽シーンを盛り上げたくて
■見事な優勝おめでとうございます!まずは皆さんのお気持ちを教えてください。

Yu-chi-/ まだ終盤の混戦のひやひやが落ち着きません。
フォリィ/ 嬉しさクライマックスです☆(^o^)/
L/ ウインナーはやっぱり粗びきじゃねーとダメだと思う。
智也/ 別に嬉しくなんかないんだからね!(ツンデレ風)

■景品として優勝賞金10万円を選ばれましたが、どのように使いたいですか?

フォリィ/ 応援してくれたファンのみんなに還元できるような、より良い作品を創る為の制作費などに当てます☆(・∀・)

■いいですねー、期待してます!バトル後半戦は大接戦がずっと続いていましたが、どんなお気持ちでした?

Yu-chi-/ 気になって気になって…、残り3日はひどく体調が悪くなりました…。
フォリィ/ 受験生の気分でした!(^o^)/
L/ 最近はもっぱら江頭2:50の事ばっか考えてますね。

■あの接戦はホント心臓に悪いですよね(笑)。そして見事優勝!

Yu-chi-/ 嬉しかったです♪
フォリィ/ 受験生の気分でした!www
L/ テヘペロ。

■照れちゃってますが、バトル中は意気込みや気合をすごく感じたんですが?(笑)。

Yu-chi-/ 今の名古屋のシーンを更に盛り上げたくて、少しでも知ってもらえるきっかけになればなと思い今回この大会に参加しました。
フォリィ/ 少しでも多くの人に僕らの曲を聞いてもらいたかったので!(^o^)/
智也/ そしてやっぱり、参加するからには優勝したいとメンバー皆思ってました。

想像以上の応援が嬉しかった

■なるほど!気合十分での参戦だった訳ですね。今回の勝因は何でしょう。

智也/ LIVEでステージからitadakiグランプリのフライヤー配りました!!
Yu-chi-/ でも、itadakiグランプリの広告フライヤーに、ペットの猫がお茶こぼして、頑張って乾かしたけどシワシワの折り込みをする事に…。
L/ それでもたくさんのファンの皆から応援してもらえたから優勝できました。
フォリィ/ ファンの皆からの想像以上の応援が嬉しかった♪(^o^)/ それと曲がいいからかな☆(^o^)/

■確かにかっこいい曲ですよね!この『銃と薔薇とロザリオと…』への想いやコンセプトはどういうものなんですか?

Yu-chi-/ この曲は2nd singleの曲なんですが、今の俺達を詰め込んだ作品なんで、「届けーーーっ!」って感じです。とにかくたくさんの人達に聴いてもらって感じてもらいたいです。
L/ 人は愚かで、悲しくて、儚くて、だけど、だから愛しくもある。これは、曲を作る時、歌詞を書く時、常に根底にあることで、この曲が特別にこうっていうのは無くて、この曲はその一部分です。

■どのようにして出来上がっていった作品なんですか?

L/ 2nd singleの1曲目のEnd rollを作った時に、singleで2曲ならその先のストーリーの曲を作ろうと思って、出来たのがこの曲です。

■なるほどですね。曲作りへのこだわりや創作にも個性がありますね。

Yu-chi-/ 自分達らしさを表現するために、自分のルーツ、好みも含め、メンバー全ての意見をまとめ、曲に反映している事、かっこよさだけじゃなく、いかに詩の世界観を広げられるかをこだわってます。
L/ 曲を聞いてその景色が見えるのか見えないのか、という部分にもこだわってます。
フォリィ/ お客さんが楽しめるような楽曲創り、後はアイテムを合成した時の攻撃力にこだわってます☆(^o^)/

映画のストーリーを書く気持ちで
■歌詞はLさんが創られているということですが、どのように創られているんですか?

L/ 1曲の長さが平均、4分くらいうだと思うんすけど、4分の映画を作る気持ちで、ストーリーから作ります。

■おぉ~映画ですか、これは創る作業も楽しそうですね。またLIVEにも強いこだわりを持たれているとのことですが。

L/ その時、その場所、その状況でしか出来ないライブをする。
フォリィ/ 楽しいLIVE、目でも耳でも楽しめる、みんなの五感、第六感までも刺激できるようなバンド創り。
Yu-chi-/ 音楽活動や生活全てがLIVEに出るものだと思ってるので、生き様をいかにLIVEで発揮できるかをこだわってます。LIVEの熱量はどこにも負けないバンドを目指してます!

■それでは、今後The 3rd birthdayでやっていきたいことなど教えてください。

Yu-chi-/ バンド布教。自分達の音楽を世間に広めていきたい。
フォリィ/ ライヴ、ライヴ、ライヴ~!!(^o^)/
智也/ 現在2nd singleリリースツアー中です!さらに6月には初ワンマンライブもあるのでそれに向けて頑張ります!!

世界中の人に聴いて欲しい
■ワンマンライブ、これは楽しみですね!では最後に皆さんの夢を教えてください!

Yu-chi-/ 世界中の人に曲を聴いてもらう事。そのために、もっと壮大な景色が見えるような曲を表現したい!
L/ 関わった全ての人に、俺に出会って良かったって言ってもらえるような人間になりたい。
フォリィ/ 世界のすうぃ~つを食べ歩きたい♪(^o^)/
智也/ 温泉巡り←切実

メンバーそれぞれいろんな夢がありますね!
皆の夢の達成のために、これからも頑張ってください!!
ファンを楽しませることへのこだわり、独創的で自分たちにしかできない
作品創りへのこだわりを強く持たれているThe 3rd Birthday。
今後の活動からも目が離せないですね。
ということで、第12回itadakiGPの優勝者、The 3rd Birthdayのインタビューでした!

The 3rd Birthday (ザ サード バースデー)

The 3rd Birthday

2011年に結成された、名古屋を中心に精力的に活動するVisual系バンド、The 3rd Birthday。
L(Vo.)、Yu-chi-(Gt.)、フォリィ(Gt.)、智也(Ba.)の4人から生み出される作品は、『人間の本質と"ヒト"のCLIMAX』をテーマに、独特の世界観を見事に創り出している。
L(Vo.)の優しくも棘のあるような美しい歌声は、リスナーの心に深く染み渡る。そこに感情を強く吐き出すようなエモーショナルな楽曲と旋律が混ざり合うことでThe 3rd Birthdayでしか表現できない作品として確立されている。

精力的にライブ活動も行っているThe 3rd Birthday、作品の音源だけでなく、彼らの表現したいものを感じることができるライブも見逃せない。ぜひライブに足を運んでいただき、彼らのパワーを感じてほしいと思う魅力的なアーティストだ。

「itadakiグランプリ」は公式音楽サイトitadakiの特設ステージで公開中です。
主催:studio COLK有限会社 協力:株式会社ヤマハミュージックパブリッシング nnp西日本新聞社

Copyright itadaki Committee in studio COLK. All Rights Reserved.